M&Aのメリット|評判が良いランドネットに任せれば不動産に関することで困らない
マンション模型

評判が良いランドネットに任せれば不動産に関することで困らない

M&Aのメリット

メガネとコイン

企業M&Aとは

企業買収とは、ある企業が別の企業の議決権となる株式の過半数を獲得したり、ある事業を買い取ったりすることです。経済用語でM&Aと言われます。Mはmergersの頭文字で合併を意味し、Aはacquisitionsで買収を意味します。一般的に株式の譲り受けによる買収と、事業そのものを買い受けるものと、その他事業に関わる資産等を買い受けるものとがあります。企業買収の目的としては、さまざまあります。双方にプラスをもたらすとして行われるM&Aには、シナジー効果を期待して行われます。シナジーとは個々での能力や資源を二つ合わせることにより、単独よりもより大きな利益を生み出すことです。それは、商品やサービスの拡充であったり、新規事業の獲得などです。企業の売り上げアップやコスト削減などにつなげるために企業買収は行われます。

不動産M&Aとは

不動産を所有している法人が、土地などを売るのではなく、法人ごと株式売却することを、不動産企業買収または不動産M&Aといいます。売主側の立場の場合、メリットが多くあります。まず不動産のみを売却する場合と企業ごと譲り渡す場合では、税金の額が違います。仮に10億円の土地を売却する場合、法人税や個人所得税がひかれたのち手元に残るのはおよそ3億円という計算となります。納税により約7割も手元から消えてしまいます。不動産M&Aの場合、10億円の2割にあたる株式譲渡税を支払います。手元には残り8割となり、不動産売却よりも、売り手にはメリットがあるといえます。買い手側は、登記上の所有者変更がないため、登録免許税、登記費用、不動産取得税の支払いが不要となるメリットがあります。